本文へスキップ

有限会社小森プラスチック工業

TEL. 0964-32-5045

〒〒869-0553 熊本県宇城市不知火町小曽部682-1

新着情報・FAQNEWS&FAQ

新着情報

2015年9月29日
4月29日(水)  通常営業          
4月30日(木)  通常営業           
5月 1日(金)  通常営業 
5月 2日(土) 清掃
5月 3日(日) 休み  
5月 4日(月) 休み  
5月 5日(火) 休み  
5月 6日(水) 休み
5月 7日(木) 通常営業       
5月 8日(金) 通常営業
015年4月18日
 会社概要を更新
2015年4月19日
製品一覧を更新しました

サポート情報(FAQ)


製品関連

Q.プラスチック成形品に関する問い合わせはどこにすればいいですか?

A.お問い合わせページより必要事項をご入力いただきメール送信してください。

Q.冷蔵庫から取り出すとPP製容器表面がぬるぬるしているのですが?

A.もともとプラスチックは原油から精製したナフサという原料をもとに作られます。当然、水と油は反発しあうものですから本来の性質では水切りがよくなっています。冷蔵庫から取り出すと表面に結露という現象が起き空気中の水分が容器表面にこびりつきます。この水分と添加物を触るとぬめりを感じるというわけです。
 添加物とは?
材料に含まれる添加物(モノグリセリン)モノグリセライトで界面活性剤の一種で成形品を金型より取り出し易くする為の離型剤が製品表面に浮き出てきたものです。(尚この添加物は全くの無害です。)

すべての樹脂に入っている訳では有りませんが詳細は材料メーカーから配合内容等を教えてもらうことは出来ず結果として完成した容器から推測することになります。

なぜ添加物を使用するの?
ぬめり感があり気持悪い添加剤は容器の強度不足を補う為に入っています。最近の容器がぱりぱり割れないのは、やはり消費者からのクレームで割れにくい材料へ変更されてきたからでしょう。
(余談ですが以前の材料はPPのホモグレードといって表面も現在の材料に比べると凸凹していました。したがって触った感じも当然まったく違うものでした。)
今後の対応
現行の材料は透明性があり割れにくくしてありますがその為、成形性(金型離れ)が悪い。その為上記のような添加物を入れてあるそうです。したがいまして、ぬめり感をなくす為には、その添加物を減らした材料を選択する
などの検討が必要と思われます。今後の材料メーカーの対応に期待したいと思います。

サービス関連

Q.商品のことでお聞きしたいのですが?

A.お問い合わせのページからメール及びお電話で対応させていただきます。

Q.

A.



バナースペース

有限会社小森プラスチック工業

〒869-0553
熊本県宇城市不知火町小曽部682-1

TEL 0964-32-5045
FAX 0964-32-5095

【販売会社】有限会社モリシン産業

〒869-0553
熊本県宇城市不知火町小曽部682-1

TEL 0964-32-5045
FAX 0964-32-5095

リンク先

熊本工機株式会社

株式会社 斉藤容器

サンエイ化学株式会社

日本ストロー株式会社





(有)高木海藻店

川村産業株式会社

藤田化工株式会社

(有)財津釣具